酵素を多く含む野菜や果物

市販の酵素ドリンクを選ぶ時、あるいは酵素ドリンクを自分で作ろうと思う時、酵素が多い野菜や果物を知っていることによって、酵素ドリンクを選びやすく・作りやすくなるのではないかと思います。そこで、酵素を多く含む代表的な野菜や果物をいくつか挙げたいと思います。

酵素の多い果物:キウイ・バナナ・パイナップル・メロン・りんご・いちご・マンゴー・グレープフルーツ・プルーン・イチジク・パパイヤ・ナシなど

酵素の多い野菜:ショウガ・パプリカ・なす・小松菜・ゴーヤ・ほうれん草・トマト・ピーマン・にんじん・セロリ・アボガド・キャベツ・ブロッコリー・レタス・大根など

果物のなかでは、完熟していないパパイヤに多くの酵素が含まれると言われています。パパイヤには、パパイン酵素という成分が含まれているのですが、このパパイン酵素には糖質や脂質、たんぱく質の三大栄養素を全て分解出来るというすばらしい性質があります。キウイには、アクチニジンというたんぱく質を分解する酵素が多く含まれています。特に、緑色のキウイには多く含まれています。パイナップルには、ブロメラインというたんぱく質を分解する酵素が多く含まれています。バナナには、アミラーゼというでんぷんを分解する酵素が多く含まれています。特に、完熟したバナナにはより多く含まれていると言われています。大根には、ジアスターゼというでんぷんを分解する酵素が多く含まれています。アボカドには、リパーゼという脂肪を分解する酵素が多く含まれていると言われています。

酵素を含む食材はこのように様々あります。これらの食材を覚えておけば、酵素ドリンクを選ぶ際の良いポイントになるのではないかと思います。また、手作りの酵素ドリンクを作る時にも参考になるのではないかと思います。また、酵素ドリンクを置き換えで飲むよりも、サプリで酵素を摂りたいという場合は、こういう酵素サプリを選ぶのもおススメです。