読書事情について思うこと

本とに申し訳ないと思うのですよ。

この加治将一さんの最新版をまたまた図書館で借りてしまいました。
これだけ調べてね、大変な作業なんですよ。これがね、図書館に行って回し読みでは頭にくるよね。

前にも書いたけど職字率の割にはこの国は貧しいんですよ。
私だって本は買いたいよ、でもご飯食べられなくてはしょうがないじゃない。
だったら文字なんて知らなくてもいい。これは本音です。作家さんの気持ちもわかる。
10分で読めてしまう小説と悩みながらに三日で読む小説も金額同じだもんね。

だけどおそらく芸能界と同じなんだろうね。売れてなんぼです。三か月に一度くらい読み返してしまう本があります。
「東電OL殺人事件」というルポですが、実にみごとに調べてあります。
情緒もあります。だけどね、この本古本屋で100で買っているんですよ。
何だかね、悲しいよね。だからせめて読んだものの感想を発信しているんですよ。