第九の季節がやってきます

第九の季節が近付いてきました。
実はちゃんと聞いたことがないので、一度は行ってみたいなと思っています。
あの大合唱はCDで聴いても鳥肌が立つくらいだから、生で聴いたらどうなんでしょうか。

第九といえば、作曲者はあの有名なベートーヴェンですね。
シラーの詩に感銘を受けたベートーヴェンが詩の一部を使って曲を書いています。
歓喜の歌といわれるように、喜び溢れる一曲ですね。華やかなメロディを聴いていると力がみなぎってきます。

機会があれば、聴くだけでなく合唱で参加してみたいとも思います。
気持ちがいいでしょうね。

ちなみに、現在普及されているCDの録音時間は、この第九の演奏がすべて収録できる長さを基準に作られたと言われているとか。

早速行けそうな演奏会を探してみようと思います。